座位での施術

今日は当院の最高齢者、92歳の方を治療。
メインは心下痞硬、胃痛、嘔気の症状と
後は四肢のしびれ、頭痛などなど・・・
聞いていたら切りのないほどの訴えです。

こんな時は奇経治療です、
奇経は陰陽、十二経脈を纏めて調整できますので。

診断は任脈、陰蹻脈が適応。
右列欠・・・気海・・・IP・・・左照海と
マイルドな効果をだすため
右後谿・・・下脘・・・IP・・・左申脈を併用。

もちろん接触だけで座位での治療、
IPを結線中に首、肩を温鍼で処理したら終了。

時間にして15分程度、座位での治療は
患者さんに負担なくできていいですね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です