転ばぬ先の足三里

京都在住の寺子屋お産塾、代表の田中先生、
神社巡りの帰りに時々よせてもらい
鍼灸の話で盛り上がります。

その時、ご自身の体験で足三里の灸を絶賛されて
毎日足三里へのお灸をされてるとのことです。

実は私も以前から足三里のお灸はしていまして
その効果は実感していました。

昔から足三里は健康灸として
「三里に灸のあとがない者とは旅をするな」
「健康で長生きするには三里穴に煙たやすな」といわれ
俳人、松尾芭蕉も「足三里」に灸をすえて、
奥の細道を旅したといわれています。

私は「転ばぬ先の足三里」と言いたいです、
これからの超高齢化に備えて万能養生のツボ、
足三里へのお灸をすすめたいです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です