温鍼、奥が深いです

久々に関節を痛め、温鍼のみで治療をしてみて、
改めて気づいたこと。

温鍼を効かせるにはやはり刺激量がポイント、
つまり温鍼を温める温度と
経脈や局所へのアプローチをする時間、量が大切。

ぬる過ぎたり、刺激量が少なかったら効果も半減でした、
温鍼は手軽にできますが、奥が深いです。

 

002

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です