逆子

逆子治療の依頼がありましたが、
何故、鍼灸治療で効果があるのか一般の方には
不思議ですよね。

何も説明なしでいきなり鍼をされると
ビックリされますので施術前に簡単に説明します。

逆子治療でよく使用するツボは下肢にある三陰交、至陰穴です。

ここに鍼やお灸をすることで
子宮動脈、臍帯動脈の血流が良くなり子宮の血流量が増加し
子宮筋の緊張が低下し、胎動を容易にさせます。

又は治療するとお腹が柔らかくなり自然に返りやすくなりますと
説明すると納得されます。

治療することで28週で8割、32週で6割ほど自然変換に
むすびつきます。

28週目以降、早めの治療が効果的です、
逆子で不安な日々をおくられている方は、
是非、鍼灸治療を受けてみてください。

023

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です