足底にも経脈が Ⅱ

異常経脈の補瀉が決定したら次に愁訴部の補瀉
を紙包磁石を使い決める。

この場合はN極を愁訴部に当てたとき異常反応が
消失したので補が適していることがわかる。

診断がつけば、あとはいつものように焼鍼で経脈、
愁訴部を治療。

最初は経脈を次に愁訴部を最後に反応が消失
しているか確認、残っていたらもう一度繰り返す。

019015
016017
018020
021022
様々な器具や診断と治療法を使っているが鍼灸医学の
基本は押さえている。
磁石で虚実を決め焼鍼で補瀉の治療で調整が出来る
事を理解して欲しいです。

このケースは即治であった、私が凄い?
イヤイヤ経脈が凄いんですよね。

001

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です