納得が、いかないまま

咳、咽喉の痛み・乾燥、顔面紅潮、倦怠感
日常生活には支障がないが、どうも本調子に戻らない。

入江式経別脈診で診断する
腎・肺か腎・心のどちらかなっと思っていたら
意に反してmain膀胱経 sub小腸経であった。

陽経が?腎がmainになっていたら納得できたが 、
陰虚内熱で心と腎の巡りをよくし陰虚を改善して
火を取り除くとイメージしていたから
膀胱経がmainとは・・・何回してもおなじである。

自分のFT、診断を信頼して (^ ^;,
左膀胱経(飛陽)・・・IP・・・(通里)右心経
右腎経(太谿)・・・IP・・・(腕骨)左小腸経

IPコードを接触するだけで15分間結線して終了

治療直後は変化がなかったが30分ごには
咽喉の痛み、乾燥と顔面紅潮はすっかり消失していた。
咳はあまり変化がなかったが満足できる治療結果であった。

今回の膀胱、小腸経の症状分析をどう捉えたらいいのか
わからないが、入江式診断、経脈治療は見事に答えてくれた。

診断さえ間違わなかったら後は入江システムに従うだけ
誰が施術しても同じ結果が出るところが凄いところです。

明日から元気に仕事が出来そうです。p(^ ^)q ガンバ

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です