潜在性高プロラクチン血症

潜在性高プロラクチン血症は不妊の原因の一つ。

プロラクチンは
日内変動するため、夜間正常域を超えていても
PRL値が測定される日中には正常域内におさまっているので
異常と捉えにくいですものですが、
負荷テストをすれば直ぐにわかるものです。

これを見過ごされたまま何年も体外授精をされ、
もちろん結果がでず。

他のクリニックでの検診で指摘されてこれが判明!

その後、潜在性高プロラクチン血症の服薬と当方の治療、
そして体外授精で直ぐに妊娠されました。

このまま順調に育ち出産まで至ったら嬉しいですが
潜在性高プロラクチン血症がわからないまま
移植を続けられていたらぞっとしますしますね。

これからは妊娠が維持でき元気な赤ちゃんが育ちますように
応援をさせていただきます。

妊娠維持にも温鍼での「手のセルフケア」を
これだと毎日、何処ででも、いつでも出来るからいいですね。

002

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です