焼鍼、温鍼は温度が大切

入江 正先生の論文より

「低い温度では効が少ない、
高い温度は人を傷つける。

温度に敏感な人もいれば
そうでない人もいる。

体でも敏感な部位と
鈍感な部位がある。

単純にみえて奥が深いのが
焼鍼治療であると思っている。」

その通りですね!
焼鍼、温鍼は温度が大切。

温度によって効果があったり、
なかったりします。

002

適正な温度か迷いますが
効果の判断ができるのがFT(フィンガーテスト)。

治療前後FTでの確認は忘れずに!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です